高血圧に効くサプリランキング完全ガイド

高血圧サプリランキング

高血圧は、過労・ストレス・生活習慣の乱れなどが原因とされます。しかし、様々な要因から可能性が高い原因として食事の偏り、塩分過多などが挙げられます。血圧が高いまま放置すると、動脈硬化という恐ろしい症状を引き起こすため、高めの血圧だと知ったときから対策を始めるべきでしょう。

 

高血圧に効く成分として
  • DHA&EPA
  • 緑茶
  • タウリン

 

などが効果的といわれ、これらの有効成分を配合したサプリが数多く販売されています。当サイトは中でも特におすすめのサプリを厳選しランキングにまとめました。どうぞ参考にしてください。

 

きなりの特徴

きなりは、話題のオメガ3(DHA・EPA)を豊富に配合したサラサラサプリメントになります。青魚に多く含まれるDHA・EPAは、高血圧はもちろん動脈硬化・高脂血症・糖尿病などの生活習慣病の対策にも効果的な栄養素です。きなりはそんな有効成分DHA・EPAを1日分に500mgも含有しています。さらに、酸化しやすい弱点から守る抗酸化成分(クリルオイル・アスタキサンチン)もしっかりと含み、体内への吸収力を高め実感力にも長けています。

価格 1980円
評価 評価5
備考 DHA&EPA・ナットウキナーゼ・アスタキサンチン

 

大正製薬 血圧が高めの方のタブレットの特徴

血圧が高めの方のタブレットは、1日1粒から始める血圧を下げるサプリメントになります。機能関与成分のヒハツ由来ピペリンを配合しており、摂取後1〜2週間から高めの血圧が改善した、という研究結果が判明しています。ヒハツ由来ピペリンは、血管拡張⇒血流促進⇒血圧低下をもたらします。血圧を下げる機能性表示食品です。

価格 1000+税円
評価 評価4.5
備考 ヒハツ抽出物含有粉末緑茶

 

肝パワーEプラスの特徴

肝パワーEプラスは、血圧対策に有効なタウリンとEPAなどを豊富に含む牡蠣を使ったサプリメントになります。広島県産の牡蠣はタウリン・EPAを中心に亜鉛、グリコーゲンなどのビタミン・ミネラルが豊富。さらに、長野県産のにんにく、和歌山県産の南高梅から摂れる濃い栄養も贅沢に配合しています。高血圧はもちろん肝機能回復にも効果的なサプリメントとなっています。今なら当サイトからお試しパックの購入が可能です。

価格 980円
評価 評価4
備考 牡蠣・にんにく・南高梅

 

高血圧は放っておくと命を落としかねない

 

高血圧を甘く見たり放置する人は非常に多く、重症化してから病院を訪れてうまく治療が進まず合併症を発症するといったパターンはもはや典型的ともいえるものです。何故高血圧を放置する人が多いかというと、やはり自覚症状に乏しいからでしょう。

 

高血圧は極端に酷くなると強い息切れや動悸を感じるようになりますが、これらの自覚症状が出る状態はもはや末期に近く、健康に大きな問題が予想されるかなり高めの数字、例えば常に収縮期血圧が150台を保っているような状態でも自覚症状は無いことが多いのです。

 

しかしながら、これほど血圧の高い状態というのは血管が今まさに傷付いていることを示しているもので、致命的な合併症を引き起こす可能性を強く示唆するものなのです。

 

そもそも血圧が高いという状態はどういうものなのかご存じでしょうか?血圧とは、血液が血管壁にかけている圧力を示すものです。

 

つまり血圧が高いという状態は血液が血管内壁を強い力で擦っていると言い換えることができ、血管の健康に良いはずがありません。具体的には、高血圧が持続した結果として血管内壁が傷付くと凹凸ができ、そこにコレステロールが沈着しやすくなります。

 

そうするとコレステロールの上に新たな血管内壁が作られ、結果として血管が狭くなってしまいます。またコラーゲンを含む正常な血管内壁組織と違いコレステロールの塊は柔軟性も保水性もないため、この現象が繰り返されると血管が硬く広がりにくくなり、よりいっそう血圧が上がりやすくなってしまいます。この状態が動脈硬化なのです。

 

高血圧を引き起こす生活習慣とは

 

高血圧の原因というと塩分の摂り過ぎばかりが取り上げられがちです。もちろん塩分過剰は大きな高血圧の原因ですが、それだけではありません。高血圧を引き起こす生活習慣を挙げてみましょう。

 

塩分の摂取過剰

 

やはり塩分過剰は大きな高血圧リスクです。塩分の摂取量が過剰になると、過剰な塩分が排泄されるまでの間はとりあえず体液に溶かして保管しなければなりません。が、人間の体液の塩分濃度は一定に保たれないとならないため、体内塩分量の上昇に伴い水分保有量も増加し、体液の総量が増加します。これに伴って血液の見た目上の量も増え(実際に増えた分はほとんど塩水です)、これが血管を圧迫し高血圧となるのです。

 

カロリー過剰や運動不足による肥満

 

血液の量は基本的には体重に比例します。したがって身長に対して体重が過剰である肥満という状態は、血液の視点で見ると血管内の空間に対して血液の量が過剰ということになります。もちろんこれも高血圧の原因となります。食事内容や時間帯に関わらず常に血液量過剰による高血圧が持続するため、塩分過剰による高血圧より負担が大きいことも多いです。

 

ストレスの多い生活

 

ストレスを感じ交感神経が活発化すると、血管の周りの平滑筋を収縮させるための神経伝達物質が分泌されます。したがって、ストレスを感じている時間が長いと神経伝達物質により血管が収縮している時間も長く、血管が収縮すれば当然ながら高血圧の状態となります。

 

高血圧を改善するには?

 

高血圧の人や、血圧が高い人はきちんと対策を練る必要があります。改善する方法もあるので、しっかりと覚えておきましょう。

 

塩分を少なくする

 

高血圧を改善するための基本は食事です。どのような食事が適切なのかというと、血圧が上がるような食事を避けることなのですが、どのような方法があるのでしょうか。

 

それは塩分を減らすことです。塩分の取り過ぎは高血圧になる原因なので、普段から必要摂取量を超えないように注意して食事をしなければいけません。そうすれば高血圧の予防ができるでしょう。

 

適切な運動を心がける

 

体内の塩分量を減らすためには、運動が必要になります。しかし、普段運動していないのに、いきなり激しい運動をするのはよくありません。体に負担をかけないように、最初は軽い運動にしておきましょう。

 

自分の体力に合わせて、適切な運動をすることが重要です。最初はウォーキングをするのがおすすめできますが、最低30分以上は歩くべきでしょう。そうしないと効果が見込めません。

 

サプリメントを利用するのもよい

 

最近は高血圧の人に適切なサプリメントが販売されています。このようなサプリメントを使用するのも効果的です。ただし、サプリメントはあくまで食事の補助なので、全面的に頼るのはよくありません。

 

また、サプリメントを飲んでいても、軽い運動や塩分に注意した食事を行い、過度な飲酒や喫煙などは高血圧の原因になるので、絶対に避けるようにしないといけません。そうしないとサプリメントを使っても効果が得られないでしょう。

 

高血圧を下げるサプリとは?

 

薬を使用しないで、サプリメントで高血圧を下げる効果を得られる場合もあります。このサプリメントには、どのような成分が入っているのでしょうか。

 

血液をサラサラにする成分

 

高血圧の人というのは、血液がドロドロの状態になっている可能性が高いと言えるでしょう。そのため、血液をサラサラにする成分を使っているサプリメントも多くなっています。

 

主にDHAやEPA、ナットウキナーゼなどが効果的なのですが、これらの成分は高血圧を下げるサプリメントにもよく使用されています。購入時には確かめてみましょう。

 

高品質な栄養成分

 

サプリメントを購入する場合には、使用されている成分が大切になります。しかし、高品質な栄養成分の摂取が求められるのです。よって国産を購入することを心がけましょう。

 

また、ペプチドやアリシンといった成分を使用しているサプリメントには、高血圧を下げるだけではなく、予防効果も期待できるので、これらの成分にも注目してみるべきでしょう。

 

カリウム不足を解消する

 

体に重要な成分はたくさんあるのですが、高血圧を下げるサプリメントによく使用されているカリウムも重要です。カリウムが不足すると、高血圧以外にもいろいろな病気を引き起こします。

 

野菜類に多く含まれているのですが、最近は加工品が多いので、十分なカリウムを摂取できていない人が多いのです。そこでサプリメントを利用して、不足しているカリウムを摂取することで、高血圧の予防や改善もできるようになります。

 

高血圧に効く食べ物

 

高血圧に効くと言われている食べ物はいくつかあるのですが、あくまでバランスよく栄養分を摂取することが重要です。そこで、どのような食べ物がよいのか見ていきましょう。

 

塩分排出作用のあるカリウムを含む食事

 

高血圧の人にとって最も体に悪いのは塩分です。そのため、塩分を体外へ排出する効果のあるカリウムを多く含む食べ物がよいでしょう。どのような食べ物がカリウムを多く含んでいるのでしょうか。

 

それは豆類や海藻類、サツマイモやホウレンソウ、パセリやトマトなどがよいと言われています。もちろん他にもカリウムが多い食品は多く含まれています。

 

高血圧予防によい食事

 

高血圧になってから対策を立てるよりも、その前から対策を立てることも重要です。そのためには、高血圧予防によい食べ物を摂取することが重要視されます。

 

主に緑黄色野菜や青魚、亜麻仁油などがよいと言われているので、これらの食品も積極的に摂取するべきでしょう。もちろんバランスよく食べなければいけないのはいうまでもありません。

 

高血圧に効く飲み物もある

 

高血圧に効くのは食べ物だけではなく、飲み物も存在しています。それは麦茶なのですが、麦茶にはカリウムが含まれていますし、利尿作用があることから、余計な塩分を体外に排出してくれるのです。

 

緑茶でも同様の効果を得ることができます。麦茶は比較的安価ですし、いつでも飲めるようにストックしておくことも可能なので、高血圧が心配な人にはすすめたい飲み物だと言えるでしょう。

 

高血圧に良い運動

 

高血圧になった場合には、できる限り塩分を取らないことが重要です。しかし、全く塩分を取らないというのは難しいので、運動をして体内の塩分を排出しないといけません。

 

有酸素運動が適切

 

運動には無酸素運動と有酸素運動があります。無酸素運動というのは、筋トレなどになるので、高血圧の人にはあまり適してはいません。しかし、有酸素運動はとても適していると言えるでしょう。

 

有酸素運動というのは、ウォーキングやマラソンになるのですが、しっかりと汗をかくことができて、自分のペースで運動ができるので、有酸素運動を中心に行うべきです。

 

最初はウォーキングがよい

 

普段運動をしている人であれば、マラソンなどを行ってもよいのですが、普段運動を全くしない人の場合、体に負担がかかってしまう場合があります。そんなときにはウォーキングがおすすめです。

 

最初は1日30分の有酸素運動を心がけ、ある程度慣れてきたら徐々に時間を伸ばしていきましょう。体力がついてきたら、ウォーキングからマラソンに切り替えても問題ありません。

 

急な激しい運動は禁物

 

急に激しい運動をすると、体に負担をかけてしまうことになります。有酸素運動であっても同様なので、自分の体力をきちんと知っておき、適度な運動を行いましょう。

 

高血圧の場合には、塩分を体外に排出することが重要です。そのため、汗をかかないとあまり意味がありません。30分ぐらいでしっかりと汗が出てくる程度の運動が適切だと言えるでしょう。

更新履歴